NIMS、EV用電池などの性能向上につながるアモルファス・シリコン負極膜の技術開発成果を公表

発表日:2018.05.14

物質・材料研究機構(NIMS)は、電気自動車(EV)などに用いられている全固体リチウム電池の性能向上への貢献が期待できる先端技術開発の成果を公表した。EV用電池の負極材については、充放電で壊れにくいシリコンの開発と、シリコン表面で分解されない電解質内での安定動作の実証が求められており、NIMSは国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「リチウムイオン電池応用・実用化先端技術開発事業を受けて、シリコン負極材の高容量化などの課題に取り組んでいる。今回、結晶シリコンより体積変化に強いアモルファス・シリコン母材にナノ多孔構造を導入したシリコン負極膜を採用し、液体の電解質に替えてシリコン表面で分解の起こらない固体電解質と組み合わせることで、100回充放電を繰り返しても容量の低下がほとんど起こらないことを解明した。この成果により、安全で高い信頼性を有する全固体電池の高容量化が現実味を帯びることとなったという。

情報源 物質・材料研究機構(NIMS) プレスリリース
機関 物質・材料研究機構(NIMS)
分野 地球環境
キーワード リチウムイオン電池/電気自動車/NEDO/負極材/NIMS/結晶シリコン/全固体電池/全固体リチウム電池/シリコン負極材
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS