日立製作所、東レ、「省エネルギー型海水淡水化システムの実規模での性能実証事業」を受託

発表日:2018.05.14

(株)日立製作所、東レ(株)は、「省エネルギー型海水淡水化システムの実規模での性能実証事業(サウジアラビア王国)」を受託し、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と委託契約を締結したと発表した。同事業は、NEDOによる「エネルギー消費の効率化等に資する我が国技術の国際実証事業」の枠組みにおけるもの。サウジアラビアは、生活用水の多くを海水淡水化に依存しており、海水淡水化を行うための消費エネルギーが大きいことが課題となっている。今回、サウジアラビア海水淡水化公社(SWCC)が、日本の省エネルギー技術に関心を示し、日本政府関係機関の協力のもと、サウジアラビアにおいて実証事業を行うことになった。日立製作所と東レは、今後、サウジアラビア王国のウムルジにおいて、SWCCと連携して、省エネルギー型海水淡水化システムの実証設備の設計・建設・運転を行い、早期実用化に向けた性能検証とビジネスモデルの検討を進め、同国および周辺国への展開をめざすという。実証事業期間は2018年4月から2023年3月の約5年間の予定。

新着情報メール配信サービス
RSS