大阪ガスなど、米国で既存の天然ガス火力発電事業に参画

発表日:2018.05.15

大阪ガス(株)、九州電力(株)、双日(株)、中国電力(株)は、米国で商業運転を行っている天然ガス火力発電所の運営に参画すると発表した。同発電所は、コネチカット州ミドルタウン市において、Kleen Energy Holdings, LLCが2011年7月から運営しているもので、高効率ガスタービンを採用したコンバインドサイクル発電方式により62万kWを発電している。地元の電力事業者と長期の売電契約を締結しており、安定的な収益の確保が見込まれるという。

情報源 大阪ガス プレスリリース
九州電力 プレスリリース
双日 ニュースリリース
中国電力 プレスリリース
機関 大阪ガス 九州電力 双日 中国電力
分野 地球環境
キーワード 九州電力/大阪ガス/中国電力/双日/ガス火力発電所/運営参画/LLC/コンバインドサイクル発電方式
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS