環境省、北電の水力発電所建設計画に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を公表

発表日:2018.05.15

環境省は、北海道電力(株)の新得発電所建設計画に係る「環境影響評価準備書」に対する環境大臣意見を、平成30年5月15日付けで経済産業大臣に提出したと発表した。同計画は、北海道上川郡新得町において、既設の上岩松発電所(1号)を廃止撤去し、最大総出力21,300kWの水力発電所を設置するもの。1)工事等による河川への土砂、濁水の流出を回避するため、環境監視計画に基づく水質調査等を実施し、必要に応じて環境保全措置を講ずること。2)土捨場への捨土量を極力低減し、早期に法面等の植生回復を図ること。3)クマタカの営巣期の工事は避けるとともに、やむを得ず工事を行う場合は、環境監視計画に基づく生息、繁殖状況の調査を実施し、専門家等からの助言を踏まえて、追加的な環境保全措置を講ずること等を求めている。

新着情報メール配信サービス
RSS