マツダ(株)、世界で最も環境負荷の少ない新水性塗装技術を開発

発表日:2009.06.15

マツダ(株)は、塗料に含まれる揮発性有機化合物(VOC)と塗装工程で消費されるエネルギーによるCO2排出量を世界最高水準にまで抑制する、革新的な水性塗装技術の開発に成功し、同社の工場への導入を開始したと発表した。この技術は、すでに全工場に導入済みの塗装技術で実現している低いCO2排出量を維持したまま、VOCの排出量をさらに57%削減し、ボディ面積あたりのVOC排出量をわずか15g/m2に抑制するもの。具体的には、塗装ブースの空調システムを改良し、塗料の水分を効率的に蒸発させるシステムを導入するとともに、これまで中塗り塗装が担っていた発色性や耐チッピング性などのさまざまな機能を上塗り塗装に移管する高機能塗料を開発し、工程を集約した。これらにより、CO2排出量を増加させずに大幅なVOC削減を実現したという。

新着情報メール配信サービス
RSS