環境省、除去土壌等の減容等技術実証事業(平成30年度)の実証テーマを公表

発表日:2018.05.22

環境省は、除去土壌等の減容等技術実証事業(平成30年度)の実証テーマを公表した。同事業は、除染で発生した土壌等について、中間貯蔵開始後30年以内の福島県外での最終処分を見据えて、減容・再生利用等し得る技術の実証テーマを広く募集するもの。平成30年2月19日から3月30日までに応募のあった15件について、有識者により構成される委員会の審査を経て、1)除去土壌等の減容・再生利用等技術分野2件(早稲田大学、りんかい日産建設(株))、2)除去土壌等の輸送や中間貯蔵等の関連技術分野1件(アジア航測(株))、3)中間貯蔵施設事業等に対する理解醸成2件((公財)原子力安全研究協会、(独)国立高等専門学校機構福島工業高等専門学校)の計5件が選定された。

新着情報メール配信サービス
RSS