環境省、有機性排水処理技術分野における実証対象技術(平成30年度)の募集を開始

発表日:2018.06.05

環境省は、平成30年度環境技術実証事業(有機性排水処理技術分野)の実証対象技術の募集を開始したと発表した(受付期間:平成30年6月5日~8月31日)。同事業は、既に適用可能な段階にある先進的環境技術について、その環境保全効果等を第三者が客観的に実証することにより、技術の普及を目指すもの。今回対象となる技術は、1)生物学的処理、物理化学的処理、又はその組み合わせ(ハイブリッド法)で処理する技術、2)開発中の技術ではなく商業的に利用可能な技術、3)後付け可能なプレハブ型等の低コスト・コンパクト、省エネルギーかつメンテナンスが容易な技術、4)排水処理技術の原理が、確実なデータによって説明されている技術となっている。募集の詳細は、実証機関である(一社)埼玉県環境検査研究協会のホームページで閲覧できる。

新着情報メール配信サービス
RSS