国交省など、平成30年度低炭素型ディーゼルトラック普及加速化事業を公募

発表日:2018.06.11

国土交通省と環境省は、(一財)環境優良車普及機構を執行団体に選定し、平成30年度低炭素型ディーゼルトラック普及加速化事業の公募を開始すると発表した(受付期間:平成30年6月11日~平成31年1月31日)。同事業は、トラック輸送におけるCO2排出削減を図るため、低炭素型ディーゼルトラックを導入する事業者に対して、補助金を交付するもの。補助対象事業者は、1)一般貨物自動車運送事業者・特定貨物自動車運送事業者・第二種貨物利用運送事業者のうち、中小企業者(資本金3億円以下又は従業員数300人以下)であるもの、2)1)に貸し渡す自動車リース事業者。補助要件は、より燃費性能に優れた低炭素型ディーゼルトラックの導入を条件とし、平成29年度から廃車を伴わない場合でも申請が可能となっている。申請台数は1事業者あたり1台で、事業の予算額は約28億円となっている。

情報源 国土交通省 報道発表資料
(一財)環境優良車普及機構 環境優良車普及
機関 国土交通省 環境省 (一財)環境優良車普及機構
分野 地球環境
環境総合
キーワード 環境省/国土交通省/低炭素型/環境優良車普及機構/CO2排出削減/ディーゼルトラック/中小企業者
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS