環境省、環境技術実証事業(平成30年度)のうち中小水力発電技術分野の実証対象技術の募集を開始

発表日:2018.06.25

環境省は、平成30年度環境技術実証事業のうち、中小水力発電技術分野における実証対象技術の募集(1次募集)を行うと発表した。同事業は、既に実用化された先進的環境技術の環境保全効果等を第三者が客観的に実証することなどを目的とするもので、8つの分野について公募が行われている(平成30年6月26日現在)。「中小水力発電技術分野」は、水の位置エネルギー等を活用し、渓流、河川部、排水路などの流量と落差を利用して小規模、小出力の発電を行う技術等とされており、おおむね出力100 kW未満の技術を対象としている。平成30年7月2日に同省の主催により、実証の概要や応募方法に関する説明会が東京都下で開催されるという(募集期間:平成30年6月25日~7月13日)。

新着情報メール配信サービス
RSS