環境省、夜空の明るさ調査(平成30年度・夏)への参加を呼びかけ

発表日:2018.07.06

環境省は、平成30年8月上旬・中旬における「夜空の明るさ調査」の実施概要などを発表し、調査への参加を呼びかけている。同省は、1988(昭和63)年から2013(平成25)年まで毎年、夏と冬に市民参加による「全国星空継続観察」を実施していた。その後、星空観察は屋外照明による光害(ひかりがい)や大気汚染等への「気づき」の機会として位置づけられ、平成29年度に「星空観察の推進手法に関する検討会」が開催され、夏と冬の年2回、肉眼による観察とデジタルカメラによる「夜空の明るさ調査」を呼びかけていくことされた。この取組は、全国星空継続観察の休止に伴う暫定調査の必要性を提唱した「星空公団」と共同で行われ、2006年から「国際ダークスカイ協会」が行っているキャンペーン「GLOBE AT NIGHT」と連携したものとなっている。「デジタルカメラによる調査」については、今後3年程度のデータ蓄積と明るさの等級分けなどを想定しているという。

新着情報メール配信サービス
RSS