国環研、福島県環境創造センターのオープン二周年記念イベントの概要を紹介

発表日:2018.07.02

国立環境研究所は、福島県環境創造センター(福島県田村郡三春町)のオープン二周年記念イベントの概要を紹介した。同センターは、東京電力(株)福島第一原子力発電所事故により甚大な被害を受けた地域において、環境の回復・創造に向けたモニタリング、調査研究、情報収集・発信、教育・研修・交流を行うために整備された、本館、研究棟、交流棟(コミュタン福島)の3つの棟と関連施設からなる施設(平成28年7月開所)。平成30年7月22日に、オープン二周年を記念して、子ども向けのサイエンスショーや参加型の実験道場を交流棟で開催するとともに、本館・研究棟施設見学やミニ講座等を通じて、福島県、国立研究開発法人日本原子力研究開発機構および国立環境研究所の取組を紹介する。なお、平成30年7月21日に開催される国立環境研究所(茨城県つくば市)の夏の大公開2018においても、福島プロジェクションマッピングや、福島の沿岸環境に係るパネル展示を行うという。

新着情報メール配信サービス
RSS