鹿児島県、平成29年度有害大気汚染物質モニタリング調査結果を公表

発表日:2018.07.06

鹿児島県は、平成29年度の有害大気汚染物質モニタリング調査結果を発表した。同県及び鹿児島市では、大気汚染防止法第22条に基づき、有害大気汚染物質(21項目)に係るモニタリング調査を実施している。平成29年度は、県内6地点で調査した結果、環境基準が設定されている4物質(ベンゼンなど)は全て環境基準を達成し、指針値が設定されている9物質(アクリロニトリルなど)は全て指針値以下であった。また、環境基準等が設定されていない8物質(アセトアルデヒドなど)は、平成28年度の全国の年平均値と比較して、同程度若しくはそれ以下であった。これらのことから、同県の大気環境は正常なレベルを維持しているという。

新着情報メール配信サービス
RSS