農水省、食料自給率・食料自給力指標(平成29年度概算)を公表

発表日:2018.08.08

農林水産省は、平成29年度の食料自給率と食料自給力指標を公表した。「食料自給率」は、食料の国内生産の国内消費仕向に対する割合で、毎年公表されているもの。平成29年度については、カロリーベース38%(平成28年度と同値)、生産額ベース65%(平成28年度よりも2%減)となった。生産額ベース食料自給率の減少理由としては、円安の影響や、畜産物や魚介類の輸入額が増加したこと等があげられている。一方、「食料自給力指標」は、国内生産のみでどれだけの食料を最大限生産することが可能かを試算した指標で、平成27年度から公表されているもの。「米・小麦・大豆を中心に作付けする場合(栄養バランス考慮)」と「いも類を中心に作付けする場合」が平成28年度から微増という結果であるという。

新着情報メール配信サービス
RSS