三井化学、インドにおける太陽光パネル等診断事業の展開方向を発表

発表日:2018.08.07

三井化学(株)は、インドにおける太陽光パネル等診断事業の展開方向を発表した。インドでは、太陽光発電の需要拡大に伴い、2018年7月からBIS認証という太陽光パネル等の粗悪品流入防止策が導入されている。この認証制度はインド国内の機関のみ実施可能で、同社は日本国内で培ったパネル診断等のノウハウを活用できると見ている。今回同社は、インドのニューデリーに本社を置き、同社グループ製品のマーケティング・販売等を担う関係会社の新規事業として、グジャラート州アーメダバードに太陽光パネル認証試験所の設置を決めた。ドイツで太陽光パネルの試験、認証、R&Dおよび太陽光発電所向けサービスを手掛ける企業の支援の下、試験所を設置に取り組み、太陽光発電プロジェクトの計画・建設・運用の各段階における診断事業への展開を推進するという。

新着情報メール配信サービス
RSS