立命大など、ペクチンを合成する糖転移酵素に関する研究成果を発表

発表日:2018.08.08

立命館大学の研究者グループは、名古屋大学、甲南大学、東北大学との共同研究において、ペクチンを合成する酵素を発見し、その遺伝子が陸上植物特有のものであることを解明した。ペクチンは、セルロースやヘミセルロースなどと共に植物細胞壁を構成し、細胞接着にも関与しているとされる多糖の一種。同研究グループは、植物の種皮に蓄積される種子保護多糖(ムシレージ)に着目し、先行研究で確立した「酵素活性検出法」による酵素遺伝子の解析を行ったところ、シロイヌナズナの発達過程に発現する糖転移酵素遺伝子を4種発見することに成功した。これらの酵素遺伝子は、これまで報告されていない遺伝子ファミリー(塩基配列および機能が類似している遺伝子群)に属するもので、水生植物には見らないものであることから、ペクチン合成は植物の陸上進出の鍵を握る仕組みであることが示唆されたという。

新着情報メール配信サービス
RSS