京都市、京都市上下水道局南部拠点整備事業基本計画を公表

発表日:2018.09.12

京都市は、京都市上下水道局南部拠点整備事業基本計画を公表した。同市は、平成30年3月に策定した、水道事業・公共下水道事業に係る経営ビジョン「京(みやこ)の水ビジョン」の取組の一つとして、市内南部エリアを所管する事業・防災の拠点(南部拠点)の整備を掲げていた。この基本計画は、同ビジョン等の上位計画等を踏まえ、南部エリアの事業・防災拠点の整備に係る基本方針をはじめ、施設の機能や規模、施設計画等を取りまとめたものであり、今後の基本設計や事業運営の指針となるもの。同基本計画は、4つの「基本方針」、同じく4つの「施設計画」で構成されている。また、事業・防災拠点の整備による効果として、1)災害・事故への迅速対応、2)サービスの向上、3)事業推進とコスト削減、を掲げている。南部拠点整備事業スケジュール(予定)では、今後、整備内容の検討、設計、建設工事を実施し、2022年度の開庁を目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS