環境省、地域低炭素化推進事業体設置モデル事業の二次公募を開始

発表日:2018.10.15

環境省は、平成30年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金「グリーンボンドや地域の資金を活用した低炭素化推進事業のうち『地域低炭素化推進事業体設置モデル事業』」の二次公募を開始すると発表した。同事業は、地方公共団体の戦略的な参画又は関与の下、市民、地元企業、地域金融機関等の地域の資金によって、地域における「面的な低炭素化」事業を実施する事業体を設置する場合の、事業化に要する費用の一部を補助するもの。今回、小売電気事業の運営・管理体制(方法、システム)の整備、あるいは強化・拡充に向けた仕組みづくりに係る事業を募集する(公募期間:平成30年10月15日~11月2日)。補助率は面的な低炭素化に取り組む「事業体」の出資構成比率に応じて定められており、当該年度予算(補助額ベースで1億円、1件当たり補助額の目安は最大2,000万円程度)の範囲内で採択するという。

新着情報メール配信サービス
RSS