千葉県、平成30年度千葉県と連携大学との研究成果発表会を開催

発表日:2018.11.07

千葉県は、平成30年11月17日に千葉大学(松戸市)おいて、平成30年度千葉県と連携大学との研究成果発表会を開催すると発表した。同県では、県内にキャンパス等を有する8大学(江戸川大学、千葉大学、千葉科学大学、千葉工業大学、東京大学、東京海洋大学、東京情報大学、東邦大学)と生物多様性や自然保護に関する連携協定を締結しており、その一環として、毎年研究成果発表会を開催している。今年度は「水域・湿地の生物多様性」をテーマに掲げ、1)特別講演、2)口頭発表2題、3)ポスター発表19題など各大学や松戸市、同県から合わせて23件の発表を行うという。

新着情報メール配信サービス
RSS