NEDO、「バイオジェット燃料生産技術開発事業」の進捗状況を紹介

発表日:2018.12.03

(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、「バイオジェット燃料生産技術開発事業(2017~2020年度)」の進捗状況を紹介した。同事業は、「高速増殖型ボツリオコッカスを使った純バイオジェット燃料生産一貫プロセスの開発((株)IHI、神戸大学)」および「高性能噴流床ガス化とFT合成による純バイオジェット燃料製造パイロットプラントの研究開発(三菱日立パワーシステムズ(株)ほか2社および(国研)宇宙航空研究開発機構(JAXA))」を進め、バイオマスから純バイオジェット燃料生産までの一貫製造技術を開発するもの。2019年度内に燃料製造を開始する目途が立っているが、実際の航空機に搭載するためには国際品質規格(ASTM International)適合などの課題を解決する必要がある。今回、同事業の委託先と航空燃料の混合・品質検査・出荷の実績を持つ燃料製造事業者「昭和シェル石油(株)」が連携し、製品化に取り組むこととなった。新たな連携体制の構築により、2030年頃の燃料商用化に向けて大きく前進することになったという。

新着情報メール配信サービス
RSS