国交省、ドローン荷物配送(無人航空機を活用した荷物配送)の検証実験(埼玉県秩父市)を実施

発表日:2019.01.11

国土交通省は、平成30年9月に改正された「無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領」に基づく許可・承認を得て、「過疎地域等における小型無人機を使用した配送実用化推進事業」におけるドローン荷物配送の検証実験を実施する。同事業は、過疎地域等における小型無人機を使用した荷物配送の早期の実用化や、非効率な小口輸送の代替によるCO2排出量の削減を図るため、両省が連携して取り組んでいるもの。今回の検証実験は5地域のうち、2件目となる。無人航空機の「目視外飛行」を実施する場合は飛行経路下に補助者を配置し、周辺への第三者の立入りや機体の状態等の監視することが原則とされているが、審査要領の改正により「補助者無しで行うための要件」が明確化された。検証実験概要は以下のとおり。日時:2019年1月15日~31日、場所:埼玉県秩父市 浦山ダム~ネイチャーランド浦山、実施主体:秩父市ドローン配送協議会(代表事業者:楽天(株))、使用機体:天空2。

新着情報メール配信サービス
RSS