新潟県、平成29年度公共用水域及び地下水の水質測定結果を公表

発表日:2019.01.10

新潟県は、平成29年度の公共用水域及び地下水の水質測定結果を公表した。同県では、国土交通省北陸地方整備局および水質汚濁防止法政令市(新潟市、長岡市、上越市)と協力し、県内の60河川86水域131地点、2湖沼2水域4地点および8海域14水域48地点の合計102水域183地点で水質測定を調査したもので、測定結果の概要は以下のとおり。1)公共用水域では、健康項目は測定を行った122地点のうち、1地点で鉛が環境基準を超過したが、その他は環境基準を達成した。生活環境項目のBODおよびCODの環境基準達成率は、全体で92.9%となり、平成28年度を1.0%下回った。区分別達成率は、河川(BOD)100%、湖沼(COD)100%、海域(COD)50.0%であった。2)地下水の概況調査では、27流域42地区42地点を対象とし、21市町村42地点において調査を実施した結果、砒素が4地点、クロロエチレンが1地点で環境基準値を超過した。

新着情報メール配信サービス
RSS