新潟県、平成30年度地盤沈下調査結果を公表

発表日:2019.03.14

新潟県は、平成30年度の地盤沈下調査結果を公表した。同県では、国・関係市とともに、「新潟県地盤沈下調査連絡協議会」を設置し、県内の5地域(新潟・上越・長岡・南魚沼・柏崎)で地盤沈下の調査を行っている。地盤沈下は、地下水の過剰な汲み上げにより、主として粘土層が収縮することで起きる現象で、県内には軟弱な粘土層を有する平野や盆地が存在し、これらの地域で地盤沈下が顕在化している。今回、平成30年度の最大沈下量を示した地点は、上越地域の上越市子安新田で、沈下量は1年あたり2.8cmであった。これは、同地域における29年度の最大沈下量(0.5cm:上越市大潟区渋柿浜) を上回っていた。なお、柏崎地域は調査を隔年で実施しており、30年度は調査を実施していない。

新着情報メール配信サービス
RSS