政府、「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律の一部を改正する法律案」を閣議決定

発表日:2019.03.19

環境省と経済産業省は、「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律の一部を改正する法律案」が、2019年3月19日に閣議決定されたと発表した。フロン類の排出抑制は、オゾン層保護及び地球温暖化対策の両面から、極めて重要な課題となっている。今回の法律案は、回収率向上のため、関係者が相互に確認・連携し、ユーザーによる機器の廃棄時のフロン類の回収が確実に行われる仕組みとしたもの。主な改正内容は、1)機器廃棄の際の取組、2)建物解体時の機器廃棄の際の取組、3)機器が引き取られる際の取組、4)継続的な普及・啓発活動の推進のため、都道府県における関係者による協議会規定の導入、などを行うという。施行期日は、一部を除き、公布の日から起算して1年を超えない範囲内において政令で定める日である。

新着情報メール配信サービス
RSS