環境省、トヨタ自動車田原工場風力発電所設置事業環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を公表

発表日:2019.03.22

環境省は、トヨタ自動車田原工場風力発電所設置事業に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を、経済産業大臣に提出したと発表した。同事業は、愛知県田原市において、最大で総出力25,800kWの風力発電所を設置するもの。環境大臣意見では、1)チュウヒのバードストライクの発生を低減するため、同事業者が実施するとしているブレード塗装等鳥類からの視認性を高める措置を設備稼働前に確実に講ずること、2)バードストライクに関する事後調査を適切に実施し、鳥類の衝突・接近等の重大な影響が認められた場合は、専門家等からの助言を踏まえて、稼働制限等を含む追加的な環境保全措置を講ずること、3)風車の影について、影響が懸念される住居への事前説明を十分に実施した上で、同事業者が実施するとしている影響が懸念される気象条件、季節及び時間帯における一部の風力発電設備の稼働制限等の環境保全措置を講ずることにより、風車の影による生活環境への影響を極力低減すること等を求めている。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
環境総合
キーワード 環境省 | トヨタ自動車 | 愛知県 | 環境大臣意見 | 田原市 | 経済産業大臣 | 環境影響評価準備書 | 田原工場風力発電所
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS