経産省と環境省、地域循環共生圏の形成と分散型エネルギーシステムの構築に向けた連携チームを発足

発表日:2019.04.12

経済産業省と環境省は、地域循環共生圏の形成と分散型エネルギーシステムの構築に向けた連携チームを発足したと発表した。両省は、エネルギー基本計画や環境基本計画を踏まえ、地域循環共生圏の形成と分散型エネルギーシステムの構築の両者に有効な政策について、経済産業省資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部長と環境省大臣官房政策立案総括審議官を共同チーム長とする連携チームを新たに発足し、1)共同実証事業等を通じた地域での分散型エネルギーシステムの構築、2)再生可能エネルギーの主力電源化の実現に向けたコスト低減、地域への普及拡大、環境アセスメントの効率化、3)地域や個別需要家等のエネルギー需要サイドの脱炭素化、等を関係省庁とも連携しつつ、検討していく。また、連携チームの構成員には、今後必要に応じて併任発令を検討するなど、円滑な連携体制としていくという。

情報源 経済産業省 ニュースリリース
環境省 報道発表資料
機関 経済産業省 環境省
分野 地球環境
環境総合
キーワード 再生可能エネルギー | 環境省 | 経済産業省 | 資源エネルギー庁 | 環境基本計画 | エネルギー基本計画 | 環境アセスメント | 脱炭素化 | 地域循環共生圏 | 分散型エネルギーシステム
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS