経済産業省、平成21年度「水素利用社会システム構築実証事業」に係る提案の公募結果を公表

発表日:2009.08.28

経済産業省は、平成21年度「水素利用社会システム構築実証事業」に係る提案の公募結果を公表した。同事業は、水素社会の構築を目的として、高速道路での燃料電池バスの定期運行やパイプラインによる家庭への水素供給など、水素を安全・簡便に製造・輸送・貯蔵・利用する社会システムの実証を行うもの。今回応募のあった6件の中から、1)水素供給・利用技術研究組合の提案(東京都心と羽田空港/成田空港を結ぶ高速道路におけるわが国初となる燃料電池自動車・燃料電池バスの長距離定期運行、及び福岡県北九州市における世界初となる水素パイプラインから一般家庭等への水素供給等)、2)(財)佐賀県地域産業支援センターの提案(木質バイオマス、太陽光等の再生可能なエネルギー資源とともに、原子力発電所立地地域内の深夜電力を活用して、水素の製造~貯蔵~供給までをオンサイトで行う地産地消型の水素供給インフラの社会実証)、の2件を採択した。

新着情報メール配信サービス
RSS