NEDO、地中熱利用システムの普及啓発資料(事業者向け)を公開

発表日:2019.06.24

(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、「再生可能エネルギー熱利用技術開発(2014~2018年度)」の成果を踏まえた普及啓発資料を作成し、その公開に際して実施する行事の概要などを発表した。同資料(地中熱ポテンシャルマップ・空調熱源設計ツール活用のためのガイダンス)は、地中熱利用システムの導入・運用の検討や、提案を考えている事業者の利用を想定して作成されたもの。1)地質条件に応じた導入適否や採熱量の目安を示した「ポテンシャルマップ」の利用方法、2)空調熱源設計ツールの利用方法、3)それらの利用場面、4)参考情報(地中熱利用システムの概要など)をとりまとめたものとなっている(全33ページ)。「第14回再生可能エネルギー世界展示会&フォーラム(開催期間:2019年7月10日~12日、開催場所:横浜市内)」の特設会場で、普及促進セミナーや、ポテンシャルマップのデモンストレーションを行うという。

新着情報メール配信サービス
RSS