環境省、妙高戸隠連山国立公園における入域料導入に向けた社会実験の取組を発表

発表日:2019.06.25

環境省は、妙高戸隠連山国立公園(妙高山・火打山)における入域料導入に向けた社会実験の取組を実施すると発表した(実施期間:令和元年7月1日~10月31日)。この取組は、登山道管理やライチョウとその生息環境の保全が急務となっている同国立公園において、同省と妙高市が協力し、平成30年10月に20日間の入域料等に関する社会実験を行い、協力率75.1%という一定の成果が得られたことを受け、今回、入域料の本格導入に向けて、登山シーズンを通じた社会実験を同市と連携して実施するもの。実施箇所は、新潟県妙高市妙高山・火打山の3つの登山口。内容は、1)各登山口において、自然環境保全に係る協力金(500円)の寄付を依頼し、協力金の寄付に対し協力記念品を授与、2)協力金支払者が地元の観光施設等での協力に応じたサービスを受けられるキャンペーンを試行的に実施、3)下山された方に、自然環境や登山道に関するアンケート調査、など実施するという。

新着情報メール配信サービス
RSS