国交省など、2020年SOx規制に対応したA重油転換促進事業の公募を開始

発表日:2019.08.08

国土交通省は、SOX(硫黄酸化物)規制への対応として経済産業省資源エネルギー庁と連携し、C重油を通常燃料としている内航船をA重油専焼船に改造する経費の一部を補助するA重油転換促進事業の公募を開始したと発表した(公募期間:令和元年8月8日~令和元年10月31日17時必着)。この事業は、2020年1月からのSOX規制強化への対応策として新たに供給される規制適合油に需要が集中しないよう、C重油よりも品質が良いA重油を燃料とする船舶の「A重油専焼船」への改造を促していくもの。補助率は、1/3以内。A重油専焼船は、燃料加熱装置や燃料洗浄装置が不要となるため、C重油を通常燃料として使用している船舶と比べ、船舶全体として省エネルギー化が図られるという。補助事業の内容などに関する説明会を、8月27日に経産省(東京都千代田区)で開催する。

情報源 国土交通省 報道発表資料
資源エネルギー庁 公募
機関 国土交通省 資源エネルギー庁
分野 地球環境
環境総合
キーワード 経済産業省 | 国土交通省 | 資源エネルギー庁 | C重油 | 省エネルギー化 | SOx規制 | A重油専焼船 | A重油転換促進事業 | 燃料加熱装置 | 燃料洗浄装置
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS