環境省、西原村における風力発電事業(配慮書段階)に対する大臣意見を公表

発表日:2019.12.02

環境省は、(仮称)西原村風力発電事業に係る計画段階環境配慮書について、経済産業大臣からの照会に対して提出した「環境大臣意見」の内容を公表した。この配慮書は、(株)エルゴジャパンエナジーが熊本県阿蘇郡西原村に風力発電所を設置する事業(対象事業実施区域面積:約400 ha、出力:最大50,400 kW)の環境影響評価手続きに関するもの。環境大臣意見として、1)事業実施想定区域において自然再生推進法に基づく自然再生事業が実施されていることから、阿蘇草原再生協議会等の意見を踏まえること、2)主要な眺望点からの眺望景観に対する影響を回避又は極力低減すること、3)国立公園内の「立野駒返峠線(歩道)」の直接改変を原則回避する等の措置を講じ、人と自然との触れ合いの活動の場に対する影響を回避又は低減すること等を求めている。

新着情報メール配信サービス
RSS