環境省、シンポジウム「気候変動を踏まえた脱炭素社会の実現に向けて」(広島県広島市)を開催

発表日:2020.01.23

環境省は、環境省シンポジウム「気候変動を踏まえた脱炭素社会の実現に向けて」を開催すると発表した。このシンポジウムは、各地域における脱炭素社会に向けたノンステートアクターの先進的な取組を共有することにより、中国地方に豊富に賦存する再生可能エネルギー、森林資源、観光資源などの様々な地域資源の活用を進めるとともに、気候変動に対して強靭な地域づくりを推進し、第五次環境基本計画において目指すべき社会像として掲げられた「地域循環共生圏」の創造につなげていくことを目指すもの。令和2年2月8日に広島国際会議場国際会議ホール「ヒマワリ」(広島市)において、政策紹介(環境省)や、地元産ガス、森林資源、グリーンスローモビリティ等を活用したまちづくりや観光地域づくりをテーマにした先進的事例紹介、有識者等による意見交換などを行うという(事前申込制、参加費:無料、定員:350名程度)。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 地球環境
環境総合
キーワード 再生可能エネルギー | 森林資源 | 環境省 | 気候変動 | シンポジウム | 地域資源 | 第五次環境基本計画 | 脱炭素社会 | ノンステートアクター | 中国地方
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS