神奈川県、令和元年度ガンカモ類の生息調査の実施結果を公表

発表日:2020.02.13

神奈川県は、令和元年度ガンカモ類の生息調査の実施結果を公表した。同調査は、冬期にシベリア・アラスカ・千島方面から日本に渡来する「ガンカモ類」の冬期における生息状況を明らかにし、鳥獣保護行政に必要な資料とするため、種ごとの個体数をカウントするもの。今回、令和2年1月8日から15日に、県内の271箇所(継続271箇所、未調査2か所含まず)、約5,230haについて調査を実施。その結果、186箇所でカモ類16種9,250羽(前年比822羽減)、ハクチョウ類1種5羽(前年比同じ)が観察された。ガン類は前年に続き観察されなかった。個体数が多かった種は、カルガモ、コガモ、ヒドリガモ、スズガモ、ホシハジロで、観察数の多かった調査地点(500羽以上)は該当がなかった。

新着情報メール配信サービス
RSS