環境省、平成20年度大気汚染状況(一般環境大気測定局、自動車排出ガス測定局の測定結果報告)を公表

発表日:2009.12.11

環境省は、平成20年度大気汚染状況を公表した。これは、都道府県及び大気汚染防止法上の政令市における常時監視(全国1,987局)によるもので、測定局の内訳は、一般環境大気測定局(一般局)が1,549局、自動車排出ガス測定局(自排局)が438局となっている。測定の結果、二酸化窒素(NO2)の環境基準達成率は、一般局で100%、自排局では95.5%と前年度と比較して横ばいであり、浮遊粒子状物質(SPM)は、一般局で99.6%、自排局で99.3%と、前年度より両局とも改善した。一方、光化学オキシダント(Ox)は、一般局で0.1%、自排局で0%と、達成状況は依然として極めて低い水準であった。光化学オキシダント注意報等発令延べ日数は144日と、前年度(220日)より減少したが、長野県と佐賀県で観測史上初めて各1日の発令があった。また、二酸化硫黄(SO2)は一般局で99.8%、自排局で100%、一酸化炭素(CO)は全ての測定局で環境基準を達成していた。

新着情報メール配信サービス
RSS