トヨタ自動車(株)、プラグインハイブリッド車を市場導入

発表日:2009.12.14

トヨタ自動車(株)は、2009年12月14日より、同社のプラグインハイブリッド車(PHV)を市場導入すると発表した。今後、2010年前半にかけて、日・米・欧の特定顧客を中心に約600台を順次納入する予定であり、日本では、官公庁や『EV・PHVタウン』選定自治体、電力会社等に対し、約230台をリースする。今回導入されるPHVは、同社として初めて駆動用電池にリチウムイオン電池を搭載。家庭用電源からの充電が可能で、電池容量の大幅な増加により、EV(電気自動車)としての走行距離を拡大している。また、長距離利用の際は、エンジンを併用して従来のHV(ハイブリッド車)として走行できる。充電エネルギーの利用により、燃費は従来のHVを大幅に上回り、化石燃料の消費抑制やCO2排出量削減、大気汚染防止などの効果が期待できるという。同社では、PHVの早期普及を図るため、2年後に市販を開始し、年間数万台規模の販売を目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS