(独)国立環境研究所、特別研究成果報告書3件を公表

発表日:2009.12.25

(独)国立環境研究所は、特別研究課題の成果報告書を公表した。今回公表されたのは、1)省エネルギー型水・炭素循環処理システムの開発(研究代表者:珠坪一晃)、2)化学物質の動態解明のための同位体計測技術に関する研究(同:瀬山春彦)、3)侵入生物・組換え生物による遺伝的多様性影響評価に関する研究(同:中嶋信美)の3件。1)では、有機性排水処理の省エネルギー化を目指し、生物膜メタン発酵法を用いて、有機物濃度が低い産業排水を無加温処理する技術の開発を行った。2)では、アルデヒドの放射性炭素や鉛の同位体分析技術を確立。今後、有害金属の同位体分析や有害有機物の放射性炭素測定など、多くの環境試料への応用が期待されるという。3)では、遺伝子の多様性(遺伝的多様性)を脅かす人為的要因として「遺伝子組み換え生物の拡散」と「人為的な生物の移送」に焦点をあて、これらの行為が在来種の地域個体群に与える影響を解明した。

新着情報メール配信サービス
RSS