環境省、OECD環境保全成果レビュー審査会合の結果を公表

発表日:2010.05.06

環境省は、平成22年5月3日(月)から4(火)に、パリの経済協力開発機構(OECD)本部で開催された、「OECD環境政策委員会・環境政策評価作業部会 第37回会合」での、環境保全成果レビューの結果を公表した。このレビューは、1991年のOECD環境大臣会合の合意に基づき開始されたプロジェクトで、加盟国が相互に、各国の環境保全に関する取組状況等を体系的に審査し、必要な勧告を行うもの。今回の対日審査は、昨年3月から審査国(韓国、ドイツ、ノルウェー)の協力を得て実施されており、我が国の環境政策に対して、コペンハーゲン合意の下での温室効果ガスの25%削減目標の提示(気候変動分野)、ダイオキシンや移動発生源からの非メタン揮発性有機化合物(NMVOC)の排出削減の実現(大気保全分野)、循環型社会形成推進基本法の制定による資源管理政策の推進(廃棄物分野)などが評価された。一方、環境基本法(平成5年制定)の見直し及び改正などの勧告が行われた。

新着情報メール配信サービス
RSS