大阪ガス(株)、家庭用固体酸化物形燃料電池コージェネレーションシステムの2010年度実証実験を実施

発表日:2010.09.07

大阪ガス(株)は、京セラ(株)、トヨタ自動車(株)、アイシン精機(株)と共同開発している家庭用固体酸化物形燃料電池(SOFC)コージェネレーションシステムについて、(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による2010年度「固体酸化物形燃料電池実証研究事業」の下、実証機(2010年度型機)を同社供給エリア内の戸建住宅に41台設置し、実証実験を行うと発表した。2010年度型機は、発電ユニットでは、都市ガスを水素に改質する燃料改質器や、電気を発生させるセルスタックなどで構成されるモジュールの断熱性向上などにより、電気需要の大小によらない高い発電効率を実現。また、セルを結合する集電材のコーティング材料の改良や、セルスタックなどの劣化を防ぐ脱硫剤を増量することなどによって耐久性も向上させた。さらに、排熱利用給湯暖房ユニットでは、貯湯タンクの容量を変更し、補助熱源機を潜熱回収型にすることでエネルギー効率を向上させた。これらの結果、CO2排出量とランニングコストの一層の低減を図ることができたという。

新着情報メール配信サービス
RSS