(独)海洋研究開発機構、統合国際深海掘削計画(IODP)第331次研究航海の結果概要を発表

発表日:2010.10.05

(独)海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、平成22年度の統合国際深海掘削計画(IODP)第331次研究航海として平成22年9月1日から10月4日に実施した、地球深部探査船「ちきゅう」による研究航海「沖縄熱水海底下生命圏掘削-1」の結果概要を発表した。この研究航海は、沖縄トラフ熱水域の熱水噴出孔周辺を掘削し、柱状地質試料(コアサンプル)を採取することにより、熱水活動域の海底下で活動している微生物群集の規模および種組成、さらにその生態系の実態を世界に先駆けて解明することを目指している。今回、1)海底下に広がる熱水帯構造と熱水変質帯の発見、2)海底下の熱水滞留の発見、3)熱水性硫化鉱物の分布・組成、熱水鉱床の成因解明に繋がる発見、が得られた。今後、海底下熱水の長期にわたる定期的な化学組成解析や、海底下微生物群集の多様性や機能に関する解析を進めることにより、熱水活動域の海底下で活動している微生物群集の規模および種組成、さらにその生態系の実態等について解明していくという。

情報源 (独)海洋研究開発機構(JAMSTEC) プレスリリース
機関 (独)海洋研究開発機構(JAMSTEC)
分野 地球環境
自然環境
キーワード 生態系 | 微生物 | 海洋研究開発機構 | メタン | IODP | ちきゅう | 地球深部探査船 | 熱水噴出孔 | 沖縄トラフ
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS