三井造船(株)、次世代の環境対応・低燃費船66,000重量トン型バルクキャリアーを開発

発表日:2010.10.22

三井造船(株)は、CO2排出量を30%削減する船舶の第一弾として、次世代の66,000重量トン型バルクキャリアーの開発を完了し、市場投入を開始すると発表した。この船舶は、150隻を超える受注を達成した同社のベストセラーであるハンディマックス型バルクキャリアーの使い勝手を踏襲しながら大型化を図ったもの。開発にあたり多くの顧客ヒアリングや国内外の港湾調査を行うとともに、パナマ運河の拡張(2014年完成予定)、現状の航路選定等を勘案し、オーバーパナマックス幅(36m)の幅広浅喫水を基調とした船型となっている。今回、大型化にも関わらず、新開発の省エネ船型を採用することで、燃料消費量は従来型のハンディマックスと同等以下を達成。トンマイルあたりのCO2排出量は「PREMIUM仕様」で約21%削減しており、これにオプションのハード・ソフトウェアを装備することによりCO2排出量を約30%削減するという。同社では今後も、SOx/NOx排出量規制やバラスト水処理等に対応した製品を順次投入していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS