(株)日立製作所と(株)日立ソリューションズ、システム製品で初めてカーボンフットプリントマークを取得

発表日:2010.11.30

(株)日立製作所と(株)日立ソリューションズは、電子黒板を用いた遠隔会議システムで、システム製品としては国内で初めて、カーボンフットプリント(CFP)マークを取得したと発表した。CFP制度は、商品やサービスの原材料調達から廃棄・リサイクルに至るまでのライフサイクル全体で排出される温室効果ガス(GHG)の排出量をCO2量に換算し、マークなどを使って分かりやすく(見える化)することにより、利用者にはCO2排出量を考慮した商品購入への関心を高めてもらうとともに、事業者には製品のライフサイクルでのCO2排出量削減を促すための制度。両社は、環境配慮活動の一環として、経済産業省および関連省庁が推進するCFP制度試行事業に参加し、「電子黒板を用いた遠隔会議システム」を対象とした商品種別算定基準(PCR)の策定、およびPCRに基づくCFP算定を進めてきた。今後、日立ソリューションズは、同遠隔会議システムのカタログなどにCFPマークを表示するという。

情報源 (株)日立製作所 ニュースリリース
(株)日立ソリューションズ ニュースリリース
機関 (株)日立製作所 (株)日立ソリューションズ
分野 地球環境
キーワード CO2/ライフサイクル/温室効果ガス/日立製作所/環境配慮/見える化/カーボンフットプリント/PCR/電子黒板/日立ソリューションズ
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS