(独)国立環境研究所、特別研究「貧酸素水塊の形成機構と生物への影響評価に関する研究」の成果報告書を公表

発表日:2010.12.20

(独)国立環境研究所は、特別研究「貧酸素水塊の形成機構と生物への影響評価に関する研究」(研究代表者:牧 秀明)の成果報告書を公表した。同研究では、閉鎖性海域で最大の水環境問題である貧酸素水塊(水中に溶解している酸素の濃度が、生物の生存に影響を及ぼすほど低下した水の塊)に着目し、その発生の主な原因である水塊中の有機物の分解や底泥への沈降、底泥による溶存酸素消費、代表的な種類の二枚貝に対する影響評価、水質再現のための三次元流動・生態系モデル・シミュレーションの構築・改良について、東京湾を調査対象として行ってきた結果を取りまとめた。今回の研究結果は、東京湾のみならず、それ以外の貧酸素水塊に見舞われている閉鎖性海域の水環境管理・対策実施のための調査研究手法を例示したものといえるという。

情報源 (独)国立環境研究所 記者発表
機関 (独)国立環境研究所
分野 自然環境
水・土壌環境
キーワード 生態系 | 国立環境研究所 | 閉鎖性海域 | 水環境 | 有機物 | 底泥 | 貧酸素水塊 | 溶存酸素 | 影響評価 | 二枚貝
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS