環境省、「第4回東アジア地域の非意図的生成POPs削減に関するワークショップ」の結果を公表

発表日:2011.01.14

環境省は、平成22年12月14日(火)~15日(水)に開催された「第4回東アジア地域の非意図的生成POPs削減に関するワークショップ」の結果概要を公表した。同ワークショップには、東アジア地域11ヶ国、米国、ドイツ、国連環境計画、国連工業開発機関および国連大学の行政官・専門家等が参加。主な議題として、1)東アジア地域における非意図的POPs排出インベントリの精緻化、2)ダイオキシン類及びPOPs類のモニタリング技術の普及動向、3)東アジア各国の非意図的生成POPs削減対策における、利用可能な最良の技術(BAT)及び環境のための最良の慣行(BEP)の利用状況と対策技術開発状況、4)新規POPs等に関する取組及び最新の国際動向、について議論した。そして、同ワークショップが東アジア地域各国における非意図的生成POPs削減のための排出インベントリの整備や、最適な技術導入の促進、分析技術・モニタリング技術に関する情報の共有という点で、各国を支援する重要な役割を果たしてきたことが確認され、この成果を第5回ストックホルム条約締約国会合における議論に反映させるべきとの指摘がなされた。

新着情報メール配信サービス
RSS