(株)沖データ、全てのプリンタと複合機の部品の一部にバイオマスプラスチックを採用

発表日:2011.02.22

(株)沖データは、2011年3月以降に生産する全てのプリンタと複合機の部品の一部に、植物由来成分を25重量%以上含んだバイオマスプラスチックを採用すると発表した。植物原料由来のバイオマスプラスチックは、CO2増加の抑制や石油資源の消費量節減など、環境負荷の低減に有用な材質であるが、従来のプラスチックに比べて、難燃性、耐衝撃性、耐熱性、成形性などの面で劣るという課題があった。今回採用したバイオマスプラスチッは、植物原料由来であるポリ乳酸に、難燃性、耐熱性、耐衝撃性、成形性などの大幅な改良を加えた素材。加工しやすく、外装部や機構部など多くの成形材料に展開できること、また文房具、家電、OA機器などに使用実績があること、海外生産拠点における調達のしやすさ、コスト競争力に優れていること等により採用を決定した。これにより、年間110万台のプリンタと複合機に搭載し、CO2排出量3トンの削減が見込まれる。今後、同社は、プリンタと複合機に使用している石油系プラスチックを、可能な部分から順次バイオマスプラスチックに置き換えることを目指していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS