環境省、平成23年度生物多様性保全推進支援事業の新規採択事業を決定

発表日:2011.03.31

環境省は、平成20年度より実施している「生物多様性保全推進支援事業」における、平成23年度の新規採択事業を決定し、公表した。同事業は、地域における生物多様性の保全・再生に資する活動等を支援するため、地方公共団体、NPO、地域の活動団体などで構成される「地域生物多様性協議会」に対して、活動等に必要な経費の一部を国が交付するもの。対象となるのは、野生動植物保護管理対策、外来生物防除対策、重要生物多様性地域対策のうち、少なくとも一項目に該当する活動で、今回、都市部における生物多様性の保全と外来生物対策(名古屋市)、BES(Biodiversity and Ecosystem Service)推進モデル事業(コウノトリ生息地保全協議会)、徳島県美波町でのアカウミガメの保全活動(日和佐うみがめ博物館)、屋久島生物多様性保全再生事業(屋久島生物多様性保全協議会)の4件が採択された。

新着情報メール配信サービス
RSS