高知県、ワタミフードサービス(株)とのオフセット・クレジット(J-VER)売買契約について発表

発表日:2011.06.10

高知県は、ワタミフードサービス(株)とのオフセット・クレジット(J-VER)売買契約を、平成23年6月10日付けで締結すると発表した。J-VERは、国内のプロジェクトにおいて実現された温室効果ガスの排出削減・吸収量を自主的なカーボン・オフセットに用いられるクレジットとして認証する制度。2009年3月に、同制度に基づく第1号案件として、高知県におけるセメント工場のボイラー燃料について、化石燃料から未利用林地残材に転換するプロジェクトによる温室効果ガス排出削減量が認証され、J-VERが発行された。同県は今回、このうち68t-CO2のクレジットを販売する。同クレジットは、約610店舗で販売するカーボン・オフセットカクテル68,000杯(1杯に付き1kg-CO2)にオフセットされるという。

情報源 高知県 記者室配布資料
気候変動対策認証センター J-VER審査結果概要(木質資源エネルギー活用事業B)
機関 高知県
分野 地球環境
キーワード CO2 | 環境省 | 温室効果ガス | バイオマス | カーボン・オフセット | オフセット・クレジット | J-VER | 高知県 | ワタミフードサービス
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS