三井不動産レジデンシャル(株)と(株)東芝、マンション向けエネルギーマネジメントシステム(EMS)の実証計画を決定

発表日:2011.07.13

三井不動産レジデンシャル(株)と(株)東芝は、マンション全体のエネルギー管理の実現を目指すエネルギーマネジメントシステム(EMS)の実証計画を決定した。この計画は、分譲マンションとして初めて経済産業省の「平成23年度次世代エネルギー・社会システム実証事業」に採択された「パークホームズ大倉山」(神奈川県横浜市)で実施するもの。同計画では、マンションの共用部に太陽光発電と蓄電池、専有部(各住戸)にヒートポンプ式給湯器等を設置し、共用部用のMEMSと専有部用のHEMSという2つのEMSを構築・統合。さらに、これらマンション内のEMS(MEMS・HEMS)と、東芝が開発する地域全体のEMS(CEMS)とを連携させることで、マンション内のみならず、地域のエネルギー利用の最適化も目指す。今後、マンションへの入居開始後は、居住者への意識調査やエネルギー利用データも含めた分析と、エコ活動を促進するインセンティブ等の運用を行い、入居開始から2014年度まで実証を行う予定としている。

情報源 三井不動産レジデンシャル(株) ニュースリリース(PDF)
(株)東芝 ニュースリリース
機関 三井不動産レジデンシャル(株) (株)東芝
分野 地球環境
キーワード HEMS | 東芝 | 実証 | マンション | 横浜市 | エネルギーマネジメントシステム | 三井不動産レジデンシャル | EMS | MEMS | CEMS
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS