住友電気工業(株)、海水淡水化の前処理コストを大幅に低減できるTT処理技術を開発

発表日:2011.08.05

住友電気工業(株)は、逆浸透法による海水淡水化の前処理コストを大幅に低減できるTT装置を開発したと発表した。この装置は、RO膜(逆浸透膜)の透水性能を低下させる生体外分泌高分子粒子(TEP)を効率よく除去できるTEP Trap膜(TT膜)と、TT膜が捕捉したTEPを排出する洗浄機構を組み合わせたもの。海水中に多量に含まれるゼリー状のTEPは、RO膜に付着すると、粘着して取れにくくなり、さらに細菌繁殖の基となってバイオフィルムが形成され、透水性能を低下させる。また、UF膜やMF膜によってTEPを除去することは可能であるが、膜に付着するTEPにより流量が大幅に低下し、大きな面積の膜が必要となるため、造水コスト上昇の要因になっている。今回開発したTT膜は、TEP除去に加え、高流量での濾過が可能であることからUF膜・MF膜と比べ膜面積を大幅に削減でき、UF・MF膜単独の前処理に比べ処理コストをほぼ半減できると見込まれている。同社は今後、TT装置の実証実験を進め、2012年度に市場投入する予定という。

新着情報メール配信サービス
RSS