日立マクセル(株)、燃料電池の高性能化を実現する高活性な新触媒を開発

発表日:2008.03.27

日立マクセル(株)は、燃料電池の電極に使用される酸素還元用触媒として、高活性な金白金(AuPt)触媒を合成する新技術を開発した。現在、固体高分子型燃料電池の酸素還元用触媒には白金(Pt)が広く使用されている。しかし、白金は極めて高価な貴金属であるため、燃料電池のコスト低減を実現するには、微粒子化による表面積の増加や、他金属との合金化により、触媒の酸素還元活性を一層向上させ、白金の使用量を極限まで抑えることが重要とされている。今回同社では、ナノ粒子合成技術を応用して、粒子サイズ2-3nm(ナノメートル)で、金と白金が十分に合金化していない構造の高活性な新触媒を開発。この新触媒は、白金触媒に比べて単位面積当たり約4.8倍の酸素還元電流を実現するという。

新着情報メール配信サービス
RSS