(株)富士経済、世界の太陽電池関連市場の調査を実施

発表日:2011.08.30

(株)富士経済は、2011年4月から6月にかけて、世界の太陽電池関連市場の調査を実施し、その結果を報告書「2011年版 太陽電池関連技術・市場の現状と将来展望 上巻」にまとめた。今回の調査では、世界の太陽電池セル・モジュールおよび部材/原料の現在及び将来の技術・市場の動向を分析した。同報告書によると、太陽電池の世界市場は、ここ数年、事前の予測を超える需要が創出されており、2010年には3兆4,162億円(2009年比2倍)で、過去最大の大幅成長となった。ドイツとイタリアを中心とした国々では、固定価格買取制度(FIT制度)を中心とする優遇税制が設けられており、想定以上に導入量が増加している。また、2011年3月の福島原発事故により、ドイツやイタリアなどで原発廃止・凍結の動きが表面化し、世界的に再生可能エネルギーへの期待が高まっているほか、新興国でも、エネルギー需要の増加に対応した自然エネルギーの活用が望まれている。そのため、2030年には、太陽電池の世界市場は13兆3,140億円(2010年比3.9倍)になると予測されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS