三菱樹脂(株)、省エネルギーのデシカント空調機が東京工業大学の新棟に採用

発表日:2011.09.26

三菱樹脂(株)は、省エネルギーのデシカント空調機が、東京工業大学の新棟に採用されたと発表した。デシカント空調機とは、水蒸気吸着材を用いて空気中の水蒸気(湿度)を調整する空調設備。今回、最先端の環境技術装置を結集させたゼロ・エミッション・ビルをコンセプトとした同大学環境エネルギーイノベーション棟への納入が決定した。採用された空調機には、独自の機能性吸着材が搭載され、一般的な吸着材であるシリカゲルを用いた空調機に比べて、低い温度領域でも効率良く水蒸気を放出(再生)できるという特長を有することから、少ないエネルギーで稼動することができる。同社では、今後も同製品の特徴を活かした省エネルギーをPRし、デシカント空調機の販売・メンテナンスを含めたサービスの全国展開を実施していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS